尾下 義男おした よしお
防災危機管理アドバイザー
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

東日本大震災は、過去に例のない未曾有のトリプルの複合災害(地震・津波・原発)で、「絆」という言葉が流布しています。しかし、被災地は一年以上経っても疲弊した状態が続いています。 
防災・減災対策は、個人・地域・学校・企業・自治体・国がそれぞれのポディションで、如何に防災行動力をアップし、さらに継続向上出来るかが大きな課題となります。「靴を測って足を削る」から「悲観的に準備(想定)し、楽観的に実施(対応)する」を基本とした防災危機管理対策が強く求められます。
阪神・淡路大震災と東日本大震災の経験を踏まえ、国民の目線に軸足を置き、机上の知的怠惰を廃して、今日まで培ってきた経験則と大学院での危機管理学研究を主軸に「正官」を重視し、「個、地域、公の対応力・応用力の向上」をモットーに「減災社会」の構築のために実践的、具体的な災害への備えを教示致します。大学・企業・自治体等で高い評価と信頼を頂いています。

尾下 義男|講演会インフォ

経歴

1977年4月 消防庁入庁
2002年3月 同庁退職
2002年4月 立教大学大学院21世紀社会デザイン科入学
2004年3月 同大学院修了
2004年4月 ~ 現在 大学・専門学校・自治体・防災関係等で講義・講演中

主な講演テーマ

災害ストレスと心のケア

防災・減災対策・危機管理・メンタルケア・災害ストレス対策が専門。
災害の定義と被災者及び救援者の精神的ストレス対策を実体験から解説します。

我が家・我が職場・我が町の防災対策

災害時は「自分の命は自分で守る」のが定説となっていますが、それだけでは命を守ることは不可能です。
最新の防災対策を解説します

危機管理対策(学校・企業・会社・公共団体・地域)

災害・事故・犯罪によって、尊い人命や財産が失われる場合に自治体、企業等の組織が通常業務を越えて対策を講ずる必要があります。危機管理要諦の指標を分かりやすく解説します。

メンタルケア(思いやりの法則)

私達の生活には迷いや心残りや不安がつきものです。そして、将来に不安を感じます。そこで人生の葛藤を乗り越えるためには、思いやりの心を育てることが必要です。具体例を挙げて解説します。

主な著書

「消防職員の心の危機管理」近代消防
「災害ストレスマネジメント」東京法令出版
「災害から命を守る法則」hon’sペンギン
「思いやりの法則」星雲社
「精神対話士という生き方」TAC
「あの日の私 東日本大震災99人の声」星雲社
懸賞論文賞受賞「コンビナート災害と災害ストレス対策の考察」
その他大学院・専門誌投稿

主な著書など

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月〜金 9:00〜18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード