岡山 瑞穂おかやま みずほ
樹木医
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

実際に樹木診断を元にしながら、樹の役割、自然環境の大切さを分かりやすく解説。
現地での解説と、スライド等を使って樹木の美しさをお伝えします

岡山 瑞穂|講演会インフォ

経歴

1968年東京生まれ、熊本県出身。九州造形短期大学デザイン科を卒業後、造園建設業会社に入社。ハウステンボス営業所設計課にてハウステンボス建設事業に携わる。ストリートファニチャー計画を担当し、同施設開業後は福岡支店にて東急関連の宅地開発に伴う造園設計業業務に携わる。のち、公共施設の環境設計を始め、個人邸の造園設計、建設コンサルタントでの業務を経験。平成13年に樹木医合格。熊本県女性第1号の樹木医となる。同年、創業20年に渡る父が経営する「有限会社永田造園」に入社。平成14年に代表取締役に就任。社名を「アースグリーン・ナガタ」に改め、従来からの造園業に樹木医としての知識や技術を加えた個性ある庭園デザインを多く手掛け、診断業務や調査、公園づくりのアドバイザーなどの環境事業も展開。その後、代表取締役として経営革新の認定を受け経営基盤の強化を行い、樹木医として天然記念物や貴重な樹木の診断治療を手がけ、最新樹木診断機器ピカスを日本で最初に導入し、全国的に業務を行う。平成16年には熊本日々新聞にてコラム連載や、雑誌等の執筆などを行う。また、会社経営の傍ら地域の子供たちに向けて環境教育を行うなど、社会活動にも貢献。その活動を評価され、平成17年熊本日々新聞主催のエコモーションキャンペーンにパネリストとして参加。同様の活動に対し、平成19年国際ソロプチミスト玉名より女性栄誉賞受賞。平成17年には日本樹木医学会評議員選出。翌年の学会にて樹木の診断治療事例発表を行い、ポスター賞を受賞。平成19年6月には東京にて樹木医としてより多くの環境事業に携わるべく新事務所「木風 KOFU」開設。現在。国土交通省を始め官公庁からの樹木診断業務を中心に」、セミナーの開催、講演会講師のほか、熊本日日新聞でのエッセイ連載など執筆業にも携わる。昨年、一般の人が参加できる樹木保護のためのNPO法人フォーエバーツリーネットワークを設立し、同会理事長も勤める。

主な講演テーマ

「樹木と自然環境」

「ネイチャーゲームと樹木診断」

実績

NHK「グラン・ジュデ~私が跳んだ日」
NTV「元気のアプリ」
ANB「大胆マップ」「報道ステーション」職業別ご意見帳
「樹木と自然環境」
「ネイチャーゲームと樹木診断」

主な著書など

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月〜金 9:00〜18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード