稲本 正いなもと  ただし
オークヴィレッジ㈱代表、NPO法人「ドングリの会」代表、正プラス㈱代表
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

作家、工芸家。1945年富山県生まれ。立教大学卒業後、同大学勤務。1974年に「人と自然、道具、暮らしの調和」を求めて工芸村「オークヴィレッジ」(岐阜県高山市清見町)を設立、代表となる。お椀から建物まで幅広い工芸を展開する一方、植林活動を行い地球環境における森林生態系の重要性を発信し続ける。1999年、長年の環境保護運動の功績により「みどりの日」自然環境功労者表彰受賞。現在、岐阜県教育委員会教育委員、東京農業大学客員教授、立教大学「立教セカンドステージ大学」教員、一般社団法人 国際統合医学会評議員などを務める。『日本の森から生まれたアロマ』(世界文化社)、『森の惑星』(世界文化社)、『森と生きる。』(角川書店)、『ロハス・シティの夜明け』(マガジンハウス)、『心に木を育てよう』(PHP研究所)、『木の工作の時間』(TAC出版)など著書多数。

稲本 正|講演会インフォ

自己PR

立教大学では原子物理学を研究し、木工/工芸の世界に移った経緯から、理系の視点を持った森林家と言えましょう。特にアロマの香り体験付き講演は定評。数十名から数百人まで、老若男女、一般コンシューマーから法人対象まで、あらゆるニーズに対応できます。また2~3日前の急なピンチヒッターでも日程さえ合えば、ご対応可能です。

主な講演テーマ

『日本の森から生まれたアロマ』~アロマの香り体験付き~

『五感に訴える「木育」』
『森へのいざない ~人と森の関係~』
『日本の木の文化』  ※特別課外講座「森の生活/アロマツアー」
『広葉樹の植林活動 ~心に木を植えよう~』  (飛騨/高山で実施)

実績

【講演実績】
2012年、癒しフェスタ(100名)
2012年、アサヒビール環境文化講座(80名)
2012年、愛媛大学(270名)
2013年、岡山阿智神社講演(200名)
2013年、日本民家再生協会講演(90名)

主な著書など

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月〜金 9:00〜18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード