森本登志男もりもととしお
キャリアシフト株式会社 代表取締役/ 総務省委嘱 テレワークマネージャー/ 総務省委嘱 地域情報化アドバイザー/ 内閣府 公共サービスイノベーションプラットフォーム 外部有識者/ 岡山県 特命参与(情報発信担当)/ 佐賀県 情報エグゼクティブアドバイザー/ 大館市 政策情報収集組織(シンクタンク)コーディネーター/ 一般社団法人 渋谷未来デザイン 顧問/
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

民間と自治体、都会と地方など、全く異なる両極端の立場での視点を生かした独自な課題解決に強みを持っています。講演実施後も、講演先の抱える課題に対して具体的な個別の解決策を提供し、継続して課題解決の依頼を多く受けております。
講師自身が実務として経験した事例を中心に、その成功の勘所を講演先の事情に合わせた講演が好評をいただいております。講演回数は年間50回を超え、全国に幅広く出向いています。

森本登志男|講演会インフォ

経歴

岡山県出身。
1986年京都大学工学部合成化学科卒業、宇部興産入社。
1990年ジャストシステム入社、
1995年マイクロソフト(現・日本マイクロソフト)入社、
1999~2002年Microsoft Corporation(米国)勤務、マイクロソフト市場開発室長、公共営業本部自治体営業部シニアマネージャー等を歴任。この間、本務の傍ら、上勝町ICT戦略検討委員会アドバイザーなど、地方に出向き各地で地域活性化に携わる。
2011年、佐賀県の最高情報統括監(CIO)に就任。ICT活用の観点から県庁経営に参画し、県庁や県内の情報化を統括するとともに、ICTを活用した県庁全体の業務改革の推進を担う業務に取り組み、基幹情報システムの開発・運用コストの大幅削減や4000人の全職員を対象としたテレワークの導入を行う。第16回日本テレワーク協会会長賞受賞(佐賀県として)。
2012年、その後、2日間で8万8千人が集まるイベントに成長する「鹿島酒蔵ツーリズム®」(佐賀県鹿島市)の立上げに関わる。
2014年、237万再生を超える『恋するフォーチュンクッキー 佐賀県庁 Ver. / AKB48[公式] 』を企画し、他の自治体や地方が続々と追随する全国的なムーブメントを作るなど、佐賀県の知名度向上に貢献し、2016年3月末で5年の任期を終了。
2014年 九州総合通信局長賞 受賞
2016年4月から、岡山県特命参与(情報発信担当)、大館市政策情報収集組織(シンクタンク)コーディネーター、佐賀県情報エグゼクティブアドバイザーなど、全国の地方の活性化に幅広く活動中。
2007年、総務省『高齢者・障害者のICT 利活用の評価及び普及に関する検討会』委員。2007年より総務省地域情報化アドバイザー。
2014年、都道府県CIOフォーラム会長。2015年より、内閣府『公共サービスイノベーション・プラットフォーム』外部有識者。2016年より総務省テレワークマネージャ。
2018年4月より一般社団法人 渋谷未来デザイン 顧問。

主な講演テーマ

組織を活かすテレワーク ~働き方改革最新事情と導入のコツ~

短期間・低予算で街に大きな活力を呼ぶ方法 ~鹿島酒蔵ツーリズム®など~      
廃墟のような街並みが生き返る! 地元民でにぎわう街づくり                 
サテライトオフィス(SO)から広がる新しい働き方の未来形 等  
働き方改革、テレワーク、経営戦略へのICT利活用(自治体、企業)、地域活性化(情報発信、観光、地域ブランド創生、賑わい創出)、IT、マーケティング

実績

■著書
『あなたのいるところが仕事場になる ~「経営」「ワークスタイル」「地域社会」が一変するテレワーク社会の到来~』(大和書房)

■講演
連合
あいち電子自治体推進協議会
日経グローカルセミナー
愛媛県庁働き方改革研究会
守谷市民活動支援センター
倉敷はたらきかたカフェ
弘前テレワークセンター
札幌市総務局行政部改革推進室
青森県庁
津山市
地域ICT/IoT実装推進セミナーin 関東
株式会社OCC
ピツニーボウズジャパン株式会社
沖縄経済同友会

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月〜金 9:00〜18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード