吉永 みち子よしなが みちこ
作家・エッセイスト
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

出身:埼玉県川口市生まれ
学歴:東京外国語大学インドネシア語学科卒

吉永 みち子|講演会インフォ

経歴

<略 歴>
競馬専門紙「勝馬」の記者を経て、
夕刊誌「日刊ゲンダイ」の記者となる。
1978年退社。5年の専業主婦の後、
仕事に復帰。1983年、JRA機関紙
「優駿」の「優駿エツセイ賞」受賞する。

1985年「気がつけば騎手の女房」で第16回大宅壮一ノンフィクション
賞受賞。政府税制調査会・郵政審議会・地方分権改革推進会議・地方公務員
制度調査研究委員会・新ふるさとづくり懇談会などの委員を務める。また、
外務省「変える会」のメンバーとして、外務省改革にも力を注いでいる。

主な講演テーマ

☆現代の家族模様          (家族)

☆自分らしく生さるために       (男女共生社会)
☆21世紀の男と女         (男女共同参画社会の実現)
☆女陛はなぜ子供を望まなくなったか  (子育て)
☆競争社会の楽しみ方        (競争社会を楽しく生きる)
☆地域みんなで子育てを        (地域と子育て)
☆新しいふるさとづくり        (地方都市の活性化)

実績

<主な出演番組>
  ・テレビ朝日系やじうまワイド  (月曜日コメンテーター)
  ・TBS系  ブロードキャスター(最終土曜日レギュラーコメンテーター)
<箸 書>  「繋がれた夢」「下宿屋さん」        (講談社)
       「もっと馬を」「お隣の外国人」       (平凡社)
       「風花のひと」              (中央公論社)
       「旅路の果ての名馬たち」「シンザン物語」   (大和出版)
       「子供を蝕む家族病」            (小学館)
       「総理とその女房」「麻婆豆腐の女房」     (光文社)
       「6ぴきと8にん物語」           (NHK出版)
       「トライアル難病と闘う家族たち」      (テレビ朝日出版)
       「斗酒空拳」               (世界文化社)
       「母と娘の40年戦争」「性同一性障害〜性転換の朝」(集英社)
       「老婆は一日にしてならず」         (東京書籍)

主な著書など

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月〜金 9:00〜18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード