楠木 建くすのき けん
一橋大学大学院国際企業戦略研究科(ICS: International Corporate Strategy)教授。
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

1964年東京都目黒区生まれ。
専攻は競争戦略とイノベーション。
企業が競争優位を構築する論理について研究している。
一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。
一橋大学商学部専任講師、同大学同学部助教授、同大学大学院国際企業戦略研究科准教授を経て、2010年から現職。
1997年から2000年まで一橋大学イノベーション研究センター助教授を兼任。
1994-1995年と2002年、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授を兼任。

楠木 建|講演会インフォ

著書

『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010近刊、東洋経済新報社)、Dynamics of Knowledge, Corporate Systems and Innovation (2010, Springer, 共著)、Management of Technology and Innovation in Japan (2006、Springer、共著)、Hitotsubashi on Knowledge Management (2004, Wiley、共著)、『ビジネス・アーキテクチャ』(2001、有斐閣、共著)、『知識とイノベーション』(2001、東洋経済新報社、共著)、Managing Industrial Knowledge (2001、Sage、共著)、Japanese Management in the Low Growth Era: Between External Shocks and Internal Evolution(1999、Spinger、共著)、Technology and Innovation in Japan: Policy and Management for the Twenty-First Century (1998、Routledge、共著)、Innovation in Japan (1997、Oxford University Press、共著)などがある。

論文

「イノベーションの『見え過ぎ化』:可視性の罠とその克服」(2010)『一橋ビジネスレビュー』、「短い話を長くする:ストーリーの戦略論」(2009)『組織科学』、「システム再定義としてのイノベーション」(2008) 『一橋ビジネスレビュー』、「次元の見えない差別化」(2006) 『一橋ビジネスレビュー』、「カテゴリー・イノベーション:脱コモディティ化の論理」(2006)『組織科学』、「見えない次元:イノベーションの新しいパラダイム」(2003)『研究・技術・計画』、「価値分化と製品コンセプトのイノベーション」(2001)『組織科学』、「ITのインパクトと企業戦略:ビジネス・アーキテクチャの視点で考える」(2001)『一橋ビジネスレビュー』、”Interfunctional Transfers of Engineers in Japan.” (1998) IEEE Transactions on Engineering Management (with co-author) 、”Organizational Capabilities of Product Development in Japanese Firms.” (1998) Organization Science (with co-authors)、”Incapability of Technological Capability.” (1997) Journal of Product Innovation Management他多数。

趣味

音楽(聴く、演奏する、踊る)

主な著書など

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月〜金 9:00〜18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード