桐島 洋子きりしま ようこ
作家
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

1937年 東京都生まれ。
1955年 文芸春秋に入社して編集に携わり、
1965年 よりフリージャーナリストとして世界を巡遊し、ヴェト
      ナム戦争にも従軍。
1970年 冒険的処女紀行『風の置き手紙』で作家デビュー。
1973年 アメリカ社会の真相を抉る衝撃の文明論『淋しい
      アメリカ人』
      で第3回宅壮一ノンフィクション賞を受賞。
      以来マスメディアの第一線で幅広く活躍する傍ら、
      独身のまま三児を育てる。
      料理やブームのさきがけとなった『聡明な女は料理
      がうまい』や、女性の自立と成熟をうながした『女
      ざかり』シリーズをはじめ、ずべて実体験に基づく
      育児論、生活論、女性論、旅行記などは、その斬新
      な発想と小気味良い迫力で広く人気を集めた。
      50歳で子育てを終えると共に「林住期」(人生の収穫
      の秋)を通じてスピチュアリズム、エコロジー、ホリス
      ティック医療などへかかわりを深めている。

桐島 洋子|講演会インフォ

主な著書

風の置き手紙」(角川)
「淋しいアメリカ人」(文春)
「聡明な女は料理がうまい」(文春)
「マザーグースと三匹の子豚」(文春)
「大草原に潮騒が聴こえる」(文春)

近著

「林住期が始まる」(海竜社)
「見えない海に漕ぎ出して-私の「神」探し-」(海竜社)

主な著書など

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月〜金 9:00〜18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード